日本イタリア料理教室協会の先生がご紹介する、イタリア伝統料理

パッパ・コル・ポモドーロ Pappa col pomodoro

パッパ・コル・ポモドーロ Pappa col pomodoro

温かくとも冷たくとも美味しいお料理です。
使用するなべ:ソースパン、シチューポット
写真は1人分

chef-kishi.jpg

レシピ提供および調理
岸摩弥子先生

メニュー:メイン・主菜
季節:通年
地域:トスカーナ

材料

(4人分)調理時間:30分
 
固くなったトスカーナパン
(パン・ド・カンパーニュのような大きさの塩無しパン、無ければバゲット)
100g
トマト缶1缶400g
野菜のブロード(にんじん、たまねぎ、セロリ、パセリ茎各適量、ニンニク1片)1ℓ
バジリコ(バジル)1枝
ニンニク1片
新鮮なオリーブオイル適量
塩、こしょう適量
 

作り方

1
ブロードを作る。
鍋に水と野菜を入れ沸いてから弱火で20分、あくをとりながら煮て、
濾す。
2
固くなったトスカーナパンを1.5cmにスライスし軽くオーブンで
トーストしたもの、トマト缶(もしくは湯むきして種をとり、刻んだフレッシュトマト)、ニンニクのみじん切り、バジリコ(バジル)、塩を入れ、パンの形が無くなるまで煮込む。
途中、混ぜながらトマトをつぶす。
最後に塩、こしょうで味を調える。
3
たっぷりの新鮮なオリーブオイルをかけて出来上がり。

角之倉真美先生

chef-kadonokura.jpg

シエナの料理学校に入学一日目、緊張と海外でのなれない生活に不安を感じる私たち生徒のために、校長先生のジャンルーカが作ってくれたのがこの一皿でした。シンプルなやさしい味と、料理は食べる人のことを考えてという、当たり前でも忘れてはならない愛情を今でも思いだす一皿です。


角之倉真美先生料理教室 ミンニョロ・ミンニョラ(http://mignolo.jp/