岸摩弥子先生のレシピ

Corzetti al sugo di pescatrice
漁師風ソースのコルツェッティ(写真集「PASTA」レシピ再現)

Corzetti al sugo di pescatrice
漁師風ソースのコルツェッティ(写真集「PASTA」レシピ再現)

レシピを提供してくれた「彼女」のパスタ哲学

彼女には夢がある。それは彼女がいっぱい持っているレシピのひとつをテレビで紹介したいということ。いつの日かきっと実現すると信じている。茶色の髪に青い目、シャツとスカートと靴を白できめて若々しい彼女。きっとカメラ写りがいいに違いない。

メニュー:パスタ・米
季節:冬
地域:リグーリア

材料

(4人分/写真は1人分)調理時間:30〜40分
 
コルツェッティ350g
輪切りのアンコウ400g
トマト4個
種を除いた黒オリーブ(小)20g
にんにく1片
フレッシュバジルの葉数枚
 

作り方

1
トマトを丸ごと約1分間熱湯に漬け、皮をむく。
2
種を取り除き、残りの部分をサイコロ状に切る。
3
フライパンにオリーブオイルを少しひき、にんにく1片をオリーブオイルとよく絡め炒める。
4
アンコウを小さなキューブ状に切り、にんにくの入ったフライパンに入れる。
5
アンコウから水分が出てきたら、にんにくをフライパンから取り出し、サイコロ状のトマト、オリーブ、松の実を加える。
6
火を消す前にバジルを加え、塩こしょうで味を調える。
7
その間に、大きな鍋に塩を加えた水を沸騰させ、コルツェッティを茹でる。
8
コルツェッティをざるに上げて湯を切り、フライパンに移してアンコウとともに煮る。
一様になるよう混ぜ合わせて出来上がり。

ワンポイントメモ

トマトを湯通しする前に、表面にナイフで十字架の切り込みを入れて。こうするとトマトが破裂することがありません。このレシピでにんにくを使う場合には、オイルで炒めた後フライパンから取り出すと、その上品な味わいが失われることがありません。また、にんにくが焼けすぎるのを防ぐため、皮を残したまま炒めてもかまいません。

memo.jpg

*岸先生のコルツェッティの作り方はこちらから
 
kishi_s.jpg

kishi_link_blank.gif


kishi_link_list.gif