岸摩弥子先生のレシピ

Bucatini con le sarde
イワシのブカティーニ(写真集「PASTA」レシピ再現)

Bucatini con le sarde
イワシのブカティーニ(写真集「PASTA」レシピ再現)

レシピを提供してくれた「彼女」のパスタ哲学

彼女はママになって以来、人のために料理をすることをそれまで以上に楽しんでいる。ちゃんとしたレシピなどない、創作料理─。その時彼女の瞳は輝きに満ちている。彼女は、自分が良く知っていること  ─味─  を娘に伝えていきたいと考えている。彼女の料理する姿とできたパスタ料理から伝わってくる陽気な雰囲気の中にいると、彼女が本当に幸福であることがわかる。ざるでパスタの湯を切りながら、彼女は言う。「私は本当にアルデンテが好きなの。パスタは絶対アルデンテよ」

メニュー:パスタ・米
季節:夏,秋,冬
地域:シチリア

材料

(4人分/写真は2人分)調理時間:20〜30分
 
ブカティーニ(チューブ状のスパゲッティ)400g
イワシ500g
松の実100g
黒く小さな干しブドウ(パレルモ産)100g
アンチョビクリーム少量
白玉ねぎ1個
にんにく1片
エクストラバージンオリーブオイル適量
ワイルドフェンネルの葉適量
パン粉(おろしたパン)適量
 

作り方

1
イワシを開き、骨と頭を取り除いた後、大きめに切る。
玉ねぎは薄くスライスし、フェンネルはみじん切りにする。
干しブドウは水につけてやわらかくしておく。
2
大きな鍋に水を入れて沸騰させ、そこにみじん切りにしたフェンネルを入れる。
3
フライパンにオリーブオイルをひいてスライスした玉ねぎを炒め、風味を和らげるために水を少々加える。
その後イワシを加える。
4
小さなざるを使って茹で上がったフェンネルをすくい、それを少量の茹で汁とともにフライパンに入れる。
5
松の実とやわらかくなった干しブドウを1つかみ分ずつ加える。
6
フェンネルを茹でた湯の中にブカティーニを入れる。
ブカティーニがくっつくのを防ぐため、茹で時間を4分に抑える(通常は7分)。
7
アルデンテに茹でたブカティーニをざるに上げて湯を切り、フライパンに加える。
フライパンの火を消してから、全体を混ぜ合わせる。
こうすることでブカティーニは茹ですぎることがなく、理想的な茹で上がりの状態を保つことができる。
8
パン粉はブカティーニとは別の器に入れて(オリーブオイル、アンチョビクリーム、にんにく少々とともにフライパンでこんがり茶色を帯びるまで事前に炒めておく)出す。お好みの量をふりかけて出来上がり。

ワンポイントメモ

可能であればイワシは、あらかじめはらわたを出したものを海水で洗うと、その風味が失われません。また、フェンネル(ウイキョウ)の茹で汁でパスタを茹でると、パスタにフェンネルの風味が浸透します。

memo.jpg
 
kishi_s.jpg

kishi_link_blank.gif


kishi_link_list.gif